アロマオイルでデリケートゾーンの黒ずみ解消

111

ローズヒップオイル

まずはじめにおすすめなのがローズヒップオイルです。ローズヒップオイルは別名ビタミンCの爆弾とも言われており、ビタミンCがレモンの約20倍と豊富に含まれているのが特徴です。ビタミンCには黒ずみやシミなどの元となる、メラニン色素が増えるのを抑制する効果があります。また酸化することによって出来てしまった、黒褐色のメラニンを無色へと戻し、すでにある黒ずみを薄くする作用もあります。さらに肌が酸化してしまうのを予防したり、コラーゲンが作られるのを促して肌にハリを出す効果も期待できます。
ローズヒップオイルには他にもトレチノイン酸が配合されています。これは、肌の新陳代謝を促して新しい細胞を作り出し、古くなった角質を体外へ出すという働きをし、アンチエイジングにも効果があると言われています。またオメガ脂肪酸という美容成分も含まれていて、肌の深いところまで染み込んで、肌の内部の潤いを保つという効果もあります。天然のオイルなので肌への刺激が少ないのも特徴で、どんな方でも使用することが可能となっています。ラベンダーやゼラニウムなどを少し加えて香りを楽しむのも良いでしょう。アロマを取り扱っているところは大型のショッピングモールなどさまざまあります。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

デリシャスボディベアウォッシュ

ローズ水を使用しており、天然のローズの香りがする薬用ソープとなっています。デリケートゾーンの黒ずみの原因である、古くなった角質や汚れをケアする、ルイボスエキスやリンゴエキスを配合しています。またデリケートゾーンの黒ずみだけではなく、かゆみや臭いも取り除く効果があります。弾力性に富んだクッション泡がデリケートゾーンに残るタンパク質性の汚れを洗い流してくれます。
薬用の殺菌成分であるIPMPと、制汗やアンモニア臭の中和といった働きを持つミョウバンが含まれていて、臭いの除去に効果的です。植物由来の成分であるカキタンニンも含まれていて、臭いの元となる汗や古い角質の発酵を防ぎ、悪臭が発生するのを抑える効果が期待できます。アロマオイルであるティーツリーオイルも配合されていて、感染症の予防や気持ちをリフレッシュするのにも適しています。

RoELe

RoELeには様々なアロマオイルが含まれているため、デリケートゾーンの黒ずみ解消効果だけでなく、美肌効果も期待できます。また普通のボディソープなどでは落とすことができない細かな汚れも落とすことができます。鉱物油や合成香料、着色料を全く使用しておらず、敏感肌でも安心して使用することができます。その代わりにスクワランと呼ばれる、肌に馴染みやすく保湿性と殺菌効果が高い成分を含んでいます。
使用方法は簡単で、入浴時にまずデリケートゾーンをお湯などで洗います。そしてRoELeのボトルを逆さにし数秒経つと、雫が落ち始めます。その雫を手でこぼさないようにしつつ、500円玉くらいの大きさになったらデリケートゾーンに塗ります。その後数分間パックして、最後にお湯で念入りにすすげば終わりです。一度にたくさん中身が出ないようにドロッパーが付いているのも特徴です。

ニベアはデリケートゾーンの黒ずみに効果を発揮するのか

110

医薬部外品と化粧品からみた二ベア

薬事法における「医薬部外品」とは、医薬品に準ずるものをいい、厚生労働省が効果効能を認めた成分が配合されています。一方「化粧品」とは人の身体、皮膚、毛髪を清潔にし、美化し、魅力を増し、容姿を整え、または皮膚若しくは毛髪を健やかに保つため身体に塗擦、散布などの方法で使用されることが目的とされている物です。なおかつ人体に対する作用が緩やかなものをいいます。2001年の規制緩和で個々の化粧品に厚生労働大臣の承認・許可が必要だったのが廃止され、化粧品メーカーが自由に商品をつくれるかわりに、すべての商品に成分表示が義務付けられました。つまり医薬部外品は厚生労働省が効果効能を認めた成分を使用してつくられているのに対し、化粧品はすべての成分表示ができますが、厚生労働省が効果効能を認めた成分を使用してつくられているわけではないということです。
しかし、化粧品の中でもデリケートゾーンに優れた効果を示す商品もあります。日常において身近な存在のニベアです。デリケートゾーンの黒ずみにも効果があるといわれています。二ベアは花王株式会社が販売するボディケア用品で、前述した中で後者の「化粧品」に分類されます。スクワラン・ホホバオイル配合で保湿スキンケアクリームとして、また最近ではリップクリーム、パック、ヘアケアとしても使われている化粧品です。そのためターンオーバーを正常化し、メラニンの排出を促すという点でデリケートゾーンに使用するには大変良い化粧品といえます。

ニベアの代用としてのトレチノイン、ハイドロキノン

ニベアは肌の新陳代謝であるターンオーバーを促し、保湿力に優れ色素沈着にも効果が期待できます。しかし、デリケートゾーンの黒ずみを解消するのに長い時間がかかります。そこで黒ずみ対策として話題のトレチノインとハイドロキノンについて調べてみました。トレチノインとはビタミンA誘導体の一種です。ビタミンAを壊れにくい状態にし、かつ肌に吸収しやすい形に変換したもので①ターンオーバーを促進②しみを解消③皮脂の分泌を抑える④コラーゲンの生成を抑える⑤ヒアルロン酸の生成を促す⑥アンチエイジング、という作用があります。ハイドロキノンは肌のシミの大きな原因であるメラニン色素の生成を抑制したり、メラニン色素のもとになる細胞のメラノサイトを減少させる作用があります。
トレチノイン配合クリームは、オバジトレチノインクリームとBIHAKUENトレチノインクリームです。ハイドロキノン配合クリームはビーグレンQusomeホワイトクリーム1.9とアンプルールラグジュアリーホワイトシリーズです。トレチノインとハイドロキノンを併用すると黒ずみの解消が効果的といわれていますが、強い成分のため使用には注意が必要です。やはり、保湿力に優れ、必要最小限の成分しか配合されていない二ベアのほうが安心しておすすめできます。プチプラコスメとして何十年も愛され続けている二ベアを黒ずみ対策に使用してみてはいかがでしょうか。

様々な種類のデリケートゾーン用の黒ずみ石鹸が薬局で買える

109

通販もいいけどやっぱり薬局がおススメ

デリケートゾーンの黒ずみの悩みなどは他人には知られたくないという人も多いため、通販を利用してデリケートゾーン専用の黒ずみ石鹸を購入するという人も多くいます。通販はひと目を気にせずに購入できるというメリットがありますが、実際に商品が手元に届くまで時間がかかるのと、商品が試せないというデメリットがあります。ですが薬局などの場合、気になっている商品のテスターが置かれていることも多く、購入前に試せるというメリットがあります。また肌について薬剤師さんに相談することも可能なので肌のトラブルを未然に防ぐこともできます。事前に気になる商品をいくつかピックアップしておいて店頭で探してみるというのもいいかも知れません。もし、その商品が店頭になければ通販で頼むという手もあります。
人によって石鹸には合う、合わないがあるのでデリケートゾーンではなくても肌でその石鹸の特徴を感じれたほうが、使用したときのイメージも沸きやすくなりますし、その石鹸の匂いも分かるので自分が嫌いな匂いを避けることもできます。石鹸により、形や配合成分も変わってくるのでそういった面でも薬局のほうが何かと利点が多いようです。ただ、薬局は対面販売がほとんどなので恥ずかしいという人も中にはいると思います。デリケートゾーンは他の部位と比べると敏感なので、石鹸は敏感肌にも優しい弱酸性のものを使うことで、更なる肌荒れを抑えることができます。やはり体に直接触れるものや影響があるものは、自分の目でしっかりと確かめて買うことをお勧めします。

石鹸にも色々な種類がある

デリケートゾーン専用の石鹸にも黒ずみを軽減してくれるだけではなく、臭いを取り除いてくれるなど色々な効果のある石鹸も販売されています。石鹸によっては、高額な商品もいくつかありますが、値段以上に効果を発揮してくれる商品もあります。最近では石鹸の種類も多くなってきており、目的や効果に合わせて買うことも可能になっています。また固形の石鹸の場合、泡立てる必要があります。こうした泡立てるといった手間を少しでも省けるようにと泡立てネットつきの石鹸も販売されています。石鹸に限らず言えることですが、1回の使用で効果を得られる商品は、ほぼありません。商品を使い続けることによって徐々に効果が現れる商品が多いようです。効果が現れるまでの期間は個人差があります。
最近では製薬会社からもデリケートゾーンの臭いやムレなどを解消してくれるボディーソープも発売されています。こうしたボディーソープ兼デリケートゾーンも洗えてしまうといったボディケア商品は、デリケートゾーン専用の黒ずみを解消してくれる石鹸などに比べると値段は多少高くなってしまいます。製薬会社から発売されている石鹸は敏感肌用のものだったり肌に低刺激な石鹸を製造していることも多いため、肌の弱い方でも使えるという商品も多くあります。

デリケートゾーンの黒ずみ解消専用石鹸の選び方とランキング

108

黒ずみの原因

人に話しづらいデリケートゾーンの黒ずみは女性にとって大きな悩みの1つです。日本人は白色人種と比べてもともと色素沈着をおこしやすい肌なので、黒ずみやすいのです。デリケートゾーンの黒ずみの原因は大きく3つあり、メラニン、ターンオーバーの乱れ、ホルモンのバランスです。
デリケートゾーンは肌の弱い部分でもあるので刺激を受けると、保護するためにメラニン色素を活発に出し黒ずんでしまいます。メラニンはシミの原因だけではなく、デリケートゾーンを黒ずませます。
ターンオーバーとは、表皮を構成する細胞の大部分であるケラチノサイトが生まれてから垢となって古い角質がはがれ落ちるまでの約28日間の代謝サイクルのことですが、加齢や乾燥ととも再生力が低下し、30代位からターンオーバーの周期がが少しずつ遅れていき、50代では2、3週間遅れていき黒ずみを引き起こします。
また女性ホルモンも妊娠、出産、加齢でホルモンバランスが乱れてしまって黒ずみをおこします。日常生活でのストレスや 不規則な生活、不健康な食生活も原因になります。女性にとってホルモンバランスは一生の付き合いなので大らかな気持ちで過ごすことも必要です。
デリケートゾーンの黒ずみを少なくする予防策ためにも、下着の素材を肌に優しいものを着用したり、乾燥肌にならないように保湿をする。デリケートゾーン専用の肌に優しい石鹸やクリームを使用することをお勧めします。

黒ずみ解消にいい成分

デリケートゾーンは肌の弱い部分なので優しく無添加であることが大切です。一般のボディーソープや石鹸はアルカリ性で洗浄力が強いので逆に黒ずみを悪化させてしまう原因になることにもなります。デリケートゾーン専用石鹸は弱酸性で、メラニン色素を押さえこむ成分、「ジャムウ」「甘草エキス」や「カミツレエキス」などが配合されています。防腐剤やパラベン、着色料、石油系界面活性剤などが成分の中にはいってないものを選ぶようにしましょう。黒ずみ解消には乾燥せずにターンオーバーを促すことが大切なので保湿、ピーリング、殺菌効果がある石鹸がいいです。
肌が敏感なデリケートゾーン黒ずみ石鹸では、粒子の入っているスクラブ石鹸よりノンスクラブ石鹸がお勧めです。

あるWebサイトでのノンスクラブ石鹸のランキング第1位は、「ヴィーナスラボ ジャムウクリアナノソープ」です。主成分にはチョウジエキスやショウガ根茎エキスを始めとした12種類のジャムウが入って保湿、女性ホルモンを引き出す成分もしっかり入っていて低刺激です。

第2位は、「ヴィーナスラボ 薬用ハーブナノソープ」です。主成分にはジャムウ成分である天然精油とグリチルリチン酸ジカリウムが入って保湿作用も高いので使い続けることで、黒ずみの悩みを解消できます。

第3位は、「LCジャムウハーバルソープ」です。主成分にはカミツレ油やパーム油、甘草、アロエ、ジャムウが入ってデリケートゾーンの黒ずみに使うのには効果的です。

第1位から第3位までの石鹸は値段も低価格なので購入もしやすいです。デリケートゾーン専用石鹸は黒ずみ以外の種類もいろいろでているので、選ぶ場合は黒ずみを解消するデリケートゾーン石鹸を選ぶことです。デリケートゾーン黒ずみを解消したい成分が入っているか購入する際には確認が必要です。

石鹸で手軽にできるデリケートゾーンの黒ずみケア

107

デリケートゾーン専用石鹸の特徴

デリケートゾーンは尿などアルカリ性のものに触れているケースが多くあります。そのような状況の中で一般に普及しているアルカリ性の石鹸を使用すると、肌へ負担がかかってしまい黒ずみの原因となってしまう可能性があります。そこでデリケートゾーン専用石鹸はほぼ全て弱酸性となっています。肌の弱酸性を保ちつつ洗うことができるという点が最大のメリットです。
デリケートゾーン専用石鹸にはミョウバンやジャムウ、アロエといった臭いやかゆみを抑える成分が含まれています。一般的な石鹸だと、臭いに対してそれよりもさらに強い香りで紛らわしがちですが、デリケートゾーン専用石鹸には臭いの元となる菌のみを殺す効果があります。そのため気になる臭いを抑制することができるのです。またデリケートゾーン専用石鹸にはメラニンの働きを抑える成分である、ジャムウや甘草エキス、カミツレエキスなども含まれていて、黒ずみ対策として効果を発揮します。すぐに効果が出るわけではありませんが、使い続けることにより黒ずみの悪化を防ぎます。さらに肌を守る上で必要な、表皮ブドウ球菌などを洗い流さず、肌に不必要な雑菌のみを洗い流してくれる効果もあります。

東京ラブソーププレミアム

東京ラブソーププレミアムに含まれているカミツレエキスは、メラニン生成の元となるチロシナーゼが活性化するのを防ぐ効果があり、美白効果があると言われています。その他にもプラセンタの5倍から20倍の美白作用があるバイオアンテージという成分も含んでいます。バイオアンテージはクロレラやカッコンなどから抽出した植物由来のエキスで、肌に潤いを与える効果もあります。
またEGFという肌細胞の活性化を促し、肌の若返りが期待できる成分も配合されています。さらにグリチルリチン酸2Kが肌の荒れを防ぎ、肌の再生を促します。それに加えて、加水分解ヒアルロン酸など保湿と美肌に有効な天然成分を4種類含んでいます。

ジャムウ・ハーバルソープ

女性向けの雑誌でも紹介され、販売数は98万個を突破している非常に人気の高い商品です。ジャムウとはインドネシアの家庭で用いられている、ハーブを中心とした自然の素材を調合したもののことを言います。ジャムウ・ハーバルソープは一つ一つが手作りで、日本人の肌に合うように作られているので安心して使用することが出来ます。
保湿性に優れ乾燥から守るヤシ油や、肌に潤いを与えるカミツレ油、殺菌効果や抗菌作用をもったアロエシンを含むアロエベラ、血流を良くするサポニンなどを含むオタネニンジンといった選りすぐりの成分を配合しているため、体のどの部分にも使うことが可能です。黒ずみの原因であるメラニン色素を落とす効果もあります。雑菌が繁殖することによって出る臭いも防ぎます。使い方は簡単で、まずネットなどを用い石鹸をお湯でしっかりと泡立てます。それからその泡を、デリケートゾーンの黒ずみが気になる部分につけて約3分間パックします。その後、水やお湯で泡を念入りに落とすだけです。

デリケートゾーンの黒ずみには石鹸やアロマオイルを試してみよう

106

デリケートゾーンの悩み

女性でデリケートゾーンの悩みで多いものが、黒ずみ、かゆみやかぶれ、臭い、おりもの、の異常、脱毛方法などさまざまです。最近では脱毛の意識が高く、VIO脱毛も一般化してきています。その反面トラブルも何かと多い様です。VIO脱毛の後は、保湿を心がけ、肌をいたわるようにしましょう。また、かゆみやかぶれの原因として多いのが、肌に合わない下着の素材やしめつけ、ナプキンを変えないで蒸れてしまうことなどがあげられます。清潔を心がけ、セルフケアをしていきたいものです。他にも、おりものの悩みがあげられます。強い臭いやおりものの異常は自己判断せずに、病院に相談してみましょう。

デリケートゾーンの洗い方

石鹸選びはとても大切です。薬局や通販サイトではたくさんの石鹸が販売されています。そこでおすすめは、デリケートゾーン専用の石鹸を使用することです。専用に開発されているので、よい香りのものやピーリング効果の高いもの、殺菌作用や酵素が配合されているものなどがあります。まず、なぜ臭いが発生するのかということですが、原因として挙げられる物質には黄色ブドウ球菌や真菌、アンモニア、インドールというものがあります。これらの菌が増殖することにより臭いが発生していきます。表皮ブドウ球菌という菌も存在しますが、こちらの菌はお肌の善玉菌です。ごしごし洗い流してしまうと、臭いが強くなったり、おりものが増えてしまったりするので、注意が必要です。
そこでデリケートゾーンの菌のバランスを壊さないように正しい洗い方を覚えましょう。まず、前から後ろに洗うようにします。汚れが挟まっていることのないように、やさしく丁寧に、こすり過ぎないように洗いましょう。そして、大切なことは石鹸をよく泡立てて、ごしごしこすらず、泡を乗せる感じで洗います。洗った後にはぬるま湯でよく流すことが大切です。膣内を清潔にすることも大切ですが、膣内の常在菌を洗い流すと、カンジダ膣炎などになりかねませんので、膣内は石鹸では洗わないようにしましょう。
デリケートゾーンの皮膚はとても薄いので、洗い方を間違えると黒ずみをケアするどころか、ますます悪化させてしまうことになりますので、十分注意するように心がけましょう。

よい香りの石鹸やアロマオイルがおすすめ

パートナーはデリケートゾーンの臭いや黒ずみに意外と敏感なものです。でも本人には言えないという現状があるようです。そこで、ケアする商品としておすすめなのが、よい香りの石鹸やお気に入りのアロマオイルで楽しみながらケアを続けていくということです。女性はよい香りが好きな人が多いと思います。お気に入りのよい香りの石鹸やアロマオイルでケアできたら心にも体にも良いでしょう。ハーブの香りやローズの香りの石鹸が人気のようです。リラックス効果も高く、免疫機能を高める効果があるものもあります。さらにはニキビにもよいというアロマオイルもあります。自身にあった石鹸やアロマオイルを薬局やインターネットで探してみましょう。